電灯つけっ放し、タバコの利用法

私の家は小さな賃貸マンションなのですが、防犯対策としてこんなことをしています。
まず、夜間や留守中については、どこか一つの部屋の電灯を消さないようにしています。
マンションということもあり、私の家に電灯が付いていて隣が付いていなければ、空き巣は少なくともうちを標的から外すはずです。
以前はそれなりに電気代がかかっていたので少しもったいない感じでしたが、最近ではLED電灯を使うようになり大したことはなくなりました。

それから、少し変わっていますが、ベランダのエアコンの室外機の上にタバコやライターを並べ、ベランダの手摺に、灰皿をガムデープで落ちないように貼り付けてあります。
もちろん自分が吸うためでなく、空き巣がこれを見た時に「いつ、この部屋の住人がベランダにタバコを吸いに出てくるかわからない」と考えることを期待しています。
一般にベランダでタバコを吸ってはダメですが、「それを無視するガラの悪いおじさん」を演出します。男物のバンツを洗濯竿に下げておく、というやり方の応用です。
タバコを吸う人は外出するとき、財布は忘れてもタバコは忘れないので、人がいる確率が高いということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>