Monthly Archives: 9月 2014

ホームセキュリティを考える

以前から強盗、盗難問題が事件にでてきていますが、その作業も巧みになってきており真剣にホームセキュリティを考える必要があるのです。どこに泥棒が入ってくるかも分からないし、いつ入ってくるかも分からないです。それだけ相手が有利になっている事も事実ですので、それなら泥棒が入りにくいようにしておく事が最善の対策なのです。

例えば監視カメラをつける事です。玄関につけておくとそれだけで泥棒は嫌いますし、光るカメラの方が有効です。また、監視カメラは高いですのでなかなか購入できない人はダミーもある程度有効です。ダミーといえども本物と変わらない見た目をしていますし、ライト機能もついているカメラがあります。

また、窓ガラスを防犯対策用のガラスにしたり、鍵を2つにしたりと他にもセキュリティ対策があります。これらを真剣に考える必要があります。

フラッシュライトがないのにセコムシールがある家

我が家はホームセキュリティのセコムを導入しています。玄関ドアや門柱、ガラス窓やシャッターなどにセコムシールを貼り、家の外壁の目立つところにフラッシュライトを取り付けています。

フラッシュライトというのは、セコムで自宅内警備をしている最中に侵入者など何らかの異常があった場合に点滅するライトのことです。帰宅時にこのランプが点滅していれば、家の中で何かトラブルが起きている可能性があるため、中に入らないように気をつける、そのサインを知るための器具です。

これは、どのようなプランを採用しても標準でついてくるものだろうと思います。それがなければ、留守から戻った時に自宅に入っても安全なのかが判断できないからです。

それなのに、時々、セコムシールがあるのにフラッシュライトがついていない家を見かけることがあります。これはどういうことなのでしょうか。セコムシールを他人に譲渡することは禁止されているのですが、まさかそういったお宅は、誰かからセコムシールを貰って貼っているだけなのでしょうか?そんなことをしても空き巣はすぐに見破るのに・・・素朴な疑問です。